2010.08.08

わっ、夏だってばっ

・・・まいまいめは、深~く潜行しつつも
なんとか生きておりました。し~ん

といふわけで、
突然ですが、サイトをりにゅうあるいたしました。
1度、通りすがってやってください。

ホームページは、「まいまいの~と
ブログも、「まいまいのーと」 と、同じタイトルです。
・・・考える力がないもんで・・・

ではでは、お待ちいたしております。 かしこ

| | コメント (0)

2006.12.22

もうクリスマスか。。

Piano2

  めり~くりすます☆

  ・・・の前に、すみません、
  こんなにも長くご無沙汰してしまったことを、
  お詫びいたします。

  あれこれありましたが
  ともかく体調が快復いたしましたのが、
  ここに戻れた一番の理由です。

今日はブログ、明日からはHPを更新していきたいと思っています。
・・・大丈夫か? のご心配は不要です。
神のみぞ知るのですから。。あ~めん。

いつも優しい気持ちで待っていてくださったあなたに
まいまいめは心から感謝いたします☆

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.08.03

2本立てだぞ~☆

Dorasen2  また、暑さが戻りましたね。
  夏は、こ~でなくちゃ☆
  といふことで、
  どらえもんを横にはべらせて
  (←こやつの正体は・・・
   ちび扇風機だぜ~~)
  
  今日の出来事の時間です。
  ・・・
じゃなくて、グループレッスン潜入記を、どーぞ☆

地域のコミュニティ活動にピアノのサークルが3こあります。
市の文化会館の音楽室を月2回ぐらいの割りで借り、
先生を招いてグループで教えていただいているのです。

まいまいめは、7月ちうに3箇所をはしごで見学し
その1こに、8月から入ることに決めました。

で、今日はそのサークルのはじめてのレッスン日です。
このサークルのメンバーは女性ばかりで7名、
年のころは、まぁ、30代~60代つうところでせうか。

練習する曲はそれぞれで、
ソナチネ、カノン、オペラ、童謡、ショパン、と
曲種もレベルもまちまちで、なかなか聴きがいがありました。
特に、先生が1人ひとりに教えてくださる内容が、なるほど~、
めちゃめちゃ為になり、自分の番でなくても、
それはそれは充実のときを過ごせるのです。

ところで、不肖まいまいは、今までの個人レッスンを、
廃屋に泊まりがてら、月1で続けるもんで
こちらでは、ソナチネを教えていただくことにしました。
で、次回までに8番を練習することになりました。

・・・「8番」 がーん。
はるか彼方の記憶によれば、分析が終わり練習に入ったとたん
なんと却下されたよーな。。で、理由はなんでしたっけ?

さてお立会い☆
「ロンド」 と、「ソナチネ」 の2本立てがはじまるぞ~。かちかち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.22

進め~ロンド

Piano_1  ピアノ日和のようです。
  とはいえ、
  ”まいまいめのロンド”は
  果てしなくのろく
  弾きながらうたた寝といふ技だけは
  しっかり身についたよーです。こらっ。

まあ~その~、こんなんではどーにもこーにもなので
昨日からテンポアップ大作戦に突入しました。きらっ。

今回の目標は、5分短縮です(・・・死ぬほど無謀なの)
けど、こやつを弾きこなすためには、やるきゃないのです。

で、初日の昨日は、1~42小節に挑戦しました。
こやつはテーマ部分で、あとにも繰り返し出てくるのですが
運動会みたいにせわしないところです(嫌いだぁ。。)
で、気合で早く弾いてみたら、約100秒かかりました。
おまけに慌てるのでミスタッチがもりもりです。

つうことで、右手は鍵盤をにらまないでも弾けるよーに
ブラインドタッチに挑戦しました。

で、130分後、やっと75秒に短縮することができました。
けど、これって1っこも喜べない数字ですよねっ。
だって、全体で300秒短縮作戦なので
まだまだ225秒もあるんですもん。あ~ぁ。

で、2日目の今日、世の中はなぜか土曜日です。
されば、ご近所迷惑もはなはだしいので、
ピアノとは60分だけ付き合いました。

43~78小節の、右手がややこしい箇所です。
実は、もろ苦手で、まだちゃんと覚えておりませぬ。おいおい。
で、アップなんてまだまだ、暗譜あんぷでしょ、の段階です。ふう。
といふことで、
60分後、目標は遠ざかるばかり。。ぶぅ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.31

時間よ止まれのピアノ

1分1秒が速すぎです。・・・今日は5月のみそかとか。。
で、なんていうことなのっ、6月にはオフ会があります。
で、ピアノのご機嫌をそっと覗いてみると。。
・・・煮ても焼いても食えねえ。。
10日前に25分かかっていたものが、まだ25分なの。。
ざっとで20分オーバーです。
どーする、まいまい?

諸悪の根源をと追求すれば、「時間が止まらない」 つうことが
そもそもの犯人です。
・・・なんつうことじゃあ~りませぬ。
1にも2にも3にも4にも(・・・果てしなく続きまふ。。)
練習不足なんです。
まいまいみたいに、虚弱老体がピアノを弾くのには
みなさんの3倍は練習しなければならないという掟があるのに
今はどーでせう?
1日は1時間で、なんと土日はお休みだ、などという体たらくぶり。。
あ、すんません、煮ても焼いても食えないのは、
はい、ご明察、まいまいめでごんす。

で、練習は、夕方の世の中がざわついている時間帯にしています。
まいまいもお米をといで炊飯器のすいっちをONにしてからはじめます。

・・・短期決戦なので、ハノンはしかとです。・・・先生、すんません。
あ、インヴェンションも、あっちに行っててねっ、の気分です。

で、いよいよ宿敵、「悲愴 第3楽章」 byべとべんの楽譜をにらみます。
・・・どーみても強敵です。未だに暗譜が終わっていませ~ん。汗じわ~。
なので、最初から弾きはじめると、決まったところでつっかえます。
で、あわてて楽譜を見直し、そこだけ取り出して練習をします。
で、適当なところで妥協して(おいおい)、先に進みます。
で、進んでは止まりすすんではとまりを繰り返し、コーダーに辿り着きます。
と、どーでせう、あらまっ、練習終了の鐘がなるのです。からんころん。

で、この際、具体的に不安材料をのたまってみませう。

こやつ、「ロンド」 は、テーマ部分もそーなのですが
右の旋律にそって左の分散和音がどんどん変化していくところが割合あります。
これがややこしい。別べつに覚えた右と左がぎくしゃくして
スムーズに合体できないんですぅ。。おやおや。
これが、まいまいめの1押し苦手箇所です。
・・・ねっ、救いようがないでしょっ。

次に、フレーズごとの練習で感じることは、1フレーズが長すぎです。
まいまいめの脳の許容範囲を果てしなく超えています。
なので、決まってフレーズの最後の方が覚えられないのです。
・・・脳は隙間ばっかだというのにぃ。。

が、それもこれも、こやつの存在にはかないません。
そう、表題の傍で尊大にしているやつ、「アレグロ」 です。
こいつが1こいるだけで、まいまいの悲愴は悲惨になっちゃうのです。
はい、動作も話し方も超のろいまいまいめの辞書のどこを探しても、
「速い」 という文字は見あたりませぬ。。
・・・「アンダンテ」 におまけしてくれません? べとべんさん。

で、話はオフ会に戻しますが、
まいまいめだけで25分もかかっては、他のかたにご迷惑なので
縮小アンダンテも~ど(まいまいば~じょん)で弾くことにしました。
べとべんさんに内緒で、あっちこっちはしょるつもりです。
8分ぐらいですので、みなさん、我慢してくださいねっ。。

で、もっか編曲ちう。やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.25

白状しますピアノ

正直、ピアノの練習は、ちっとしかしていませむ。
それを、環境の変化のせいにしていますが、
いえいえ、本当はそんなもんじゃありませぬ。

まいまいのすけの、たんなるサボリでごんす。
で、今日も、その、ちょっとだけよ~の練習報告です。

インヴェンション2番
未だに、両手合わせが完了しておりませぬ。
同じよーな旋律がだらだら続くので(あ、バッハさん、ごめんちゃい)
覚えきれないのです。・・・おまけに長いし。。

で、白状しますと、
はじめの6小節は、わりかし調子よく
終わりの4小節は、曲がりなりにもなんとか、
あとのなかみは、全~ぶ、
しっちゃかめっちゃかです。こらこら。

ソナタ悲愴ロンド
語るも涙、聞くも涙です。
・・・・・
つうことで、語らない方が良さげですが。。

楽譜を睨んではいるのですが、
よー分からないところが、もりもりあります。
で、そーいうところは、ちゃっちゃと飛ばし
次に移ると、またまた意味不明箇所発け~ん。
で、少しは弾けるかなっ、というところでは
あれまっ、今度は休符がややこしい。。
っていうより、
8分休符と16分休符の長さが、どうやっても
同じになっちまうんですぅ。。
どーする?

時間は、60分。
成果は、探すのが大変かも。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.23

スプリングコンサート2006だぞ~

てくてく図書館に行きました。
っていっても、駅のそばにあるので、散歩としては超~楽ちんの距離です。
脱出してきた、かの地の図書館に行く半分もありませぬ。

で、借りていた堀江敏幸さんを2冊を返し、また堀江さんを1冊借りました。
それも、前に読んだことのある、「河岸某日抄」 を、です。
芸なしでしょう。そう、気に入った本を繰り返し読むのが好きなんです。

この図書館は、文化会館という市の巨大な総合こみにゅてぃ施設の中にあります。
半日を安価で貸してくれる音楽室や、コンサートが出来るホールもあります。
なので帰りしな、総合受付そばに置かれた催しもののパンフレットを見ていると
「スプリングコンサート2006」 というのが目につきました。

わっわ~☆ コンサートかぁ。
ううん、なんか、文化人っぽいかも。。
あ、ピアノ演奏もありそーだし。。
聴きに行こうかなっ。
えっ? 今日なの?
あらら・・・どーしょう?

と、さんざ悩んだあげく、
総合受付の人に、当日券があるかどーかを聞いてみました。
と、返事は、
主催者の方がホールの受付で売る、とのことでした。

そっかぁ、そうと判れば忙しくなるぞー。
ばたばた家に戻って、
むしゃむしゃ昼食を食べて、
また、ちゃかちゃかここに来なくちゃぁ~。
なんせ、開場まであと1時間しかないんだから。。
それーーー。

で、かれこれ1時間後、まいまいめは無事に当日券を買うことができ、
あんがいすむーずにホールの座席に座ることができました。
らんらん♪
めでたしめでたし。
おしまい。

で、終わっちゃあきまへん。
タイトルが泣きまっせ。

はいはい、「スプリングコンサート2006」 のことですよねー。
あ、はい、は、1回ですよねっ。すんません。

コンサートは歌曲が中心でしたが、ソプラノ、メゾソプラノの楽曲は、
まいまいでも知っている曲が多く、とても楽しめました。
特に、ビゼーの、「カルメン」 から3曲を熱唱したメゾソプラノの山下牧子さんは
言葉が見つからないくらい素晴らしかったです。
声の幅といい声の深みといい独特の雰囲気といい、まいまいめはのっくあうとでした。
山下さんはくせになる歌手といえます。にこっ。

ついつい気を入れてしまうピアノのソロは、2人の方が演奏されました。
グリークの、「ホルベルグ組曲」 を弾かれた方は、聴かせる演奏を
リストの、超~お馴染み、「ラ・カンパネラ」 と、「ハンガリー狂詩曲」 を
弾かれた方は、元気な演奏を披露してくださいました。
ええ、それなりに満足はいたしましたが、ごめんなさい、
超~満足したかどーかといえば、・・・超~はつきませむ。・・・むむむ~。
っていうより、好みで言わせていただければ、
まいまいのやつは、音が語りかけてくるような演奏が好きなんです。

なぁ~んて、偉そーなことをのたまっておりますが、実は、めちゃ幸せでした。
音楽に包まれているときって、ほんとうに癒されるんですよね~。
その証拠に、コンサートは、他に、フルートやヴァイオリンの演奏もあったのですが、
その深い音色に、てのりさいずのちっちゃい心は、充分震えておりました。とさっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

ピアノの運命はいかに

よいちょ。やっと、まいまいってば、ネットに復帰です。にこっ。
すんません、ご無沙汰がほんとうに長~くなっちゃいました。

4月のはじめに、りある引っ越しをいたしまして
泣く子も黙るかの地から、はるばる脱出とあいなりました。

多分、終の棲家となるこん度の生息地は、都心に超~近く
てのりさいずのまいまいめが文化人っぽく、美術館を徘徊したり
コンサート会場に潜入する日も近いでせう。

えっと、足元でちょろちょろしている小動物を見かけたら、
どーぞ声を掛けてやってくださいな。多分、嬉しがります。

で、肝心なピアノのご機嫌はといえば、不機嫌です。おいおい。
だって、ここでは、5帖ちょっとのちっちゃな部屋に押し込められ
暗いし怖いし寒いし孤独だしで、まいまいが訪ねても長居はいたしませぬ。

困った~、って、いうより、状況は最悪です。
ピアノの運命は風前の灯といえます。ちらちら。

ということで、
引っ越しから2週間後の今日、ADSLも無事復旧し
さてさて、ぼちぼち営業しようかなっ、という次第でごんす。
これからも、皆さん、どーぞ宜しくです。深礼。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.15

王ジャパンだぞっピアノ

どーです、王ジャパンってば、素晴らしい☆ きらら。
ええ、アメリカ戦は負けはいたしましたが、メキシコ戦ともども、
まいまい的には、大満足の試合でした。

はい、すんませぬ。
放映ちうは、なにもかもうっちゃって
TVに釘付けのまいまいでごんす。ぽりぽり。

ほんとうに、あのプロ集団は、うちらみたいなもんにも夢をわけてくれます。
で、大袈裟ですが(・・・相変わらず) 生きる勇気も与えてくれます。

で、なにが、そんなにいいかっていうと、あの一生懸命さです。

TV画面から送られてくる、彼等が放つきらきら光線で、
まいまいは、たびたびめまいを起こしました。
でも、そのめまいは、ただふらふら失神するだけでなく
脳のやつにも心地よい刺激をくれたのです。

一生懸命って、いいもんですね~☆ ほんと。
けど、一生懸命になることにも、
それなりの覚悟や努力もいるんですよねっ。

な~んも努力せず、ことにつまずいた時など、奇跡でも起こらぬかと、
ついつい神の助けを期待してしまうまいまいではありますが、
あの選手たちの目、顔、手、足、姿、動きを目で追いながら、
そういうことは、ほどほどにせねばなぁ、と、心から思ったのです。

人は他の人の生きざまを見て、それに感動し刺激され
自分も、ちっとはちゃんとせねばっ、て思えるものなんですね。

ということで、
この年齢になって、今更ながらではありますが(・・・遅いって)
背筋がのびそーなまいまいでごんす。

しっかし、背丈は伸びませぬ。うむ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.08

さくらだよっピアノ

暖かな1日でしたねっ。
巷では、さくらの開花がどーのこーのの話題もちらちら。
ということで、ブログをご覧のように、さくらもーどに替えました。

・・・んじゃ、5月はどーするの? の不安もちちららおありでせうが、
あなたのご心配は、はい、ご無用でごんす。きっぱり。
だって、まいまいめが1番心配しているんですもん。おいおい。

さて、うっちゃっておったピアノのことです。
前の練習のことが思い出せないほど、はるか遠くにいっちゃったせいか
もしかして・・・? の通りの結果でありました。。汗たらり。

ハノン 23番
基準を、すとれっちの気分で弾きました。
可もなく不可もなくでごんす。にっ。

ハノン 39番ロ短調旋律的音階
1から出直しの気分であります。いじいじ。
おまけに、カデンツも、あらっ、いたんだっけっ?

バッハ インヴェンション2番
うむむむ。片手に戻りたくなりました。
ぜん~ぶ、1音づつ合わせながら弾く体たらくでごんす。もう。
時間ばっかが、こくこく、ごっくん。←なにをのたまっておるのやらやら。

ベートーヴェン 悲愴 第3楽章
上のハッハらっちのせいで、はじめのテーマに取り掛かったところで、
あらまっ、の時間切れです。
っていうか、ひょんどののご帰還です。

・・・神は、まいまいを見捨てたのです。
ほんま、どないしょ。

時間は、120分。
成果は、へい、マイナスでおわす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«くじけんぞーピアノ